スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年12月29日

サケが釣りたい!2

それでね。日本っておかしな国?っていうか独特の国ですよね。
これだけ進んだ国で、サケが登ってくる国で、サケ釣りをレジャーとして楽しまない国は
とても珍しい。
海外では。人口が5千人とか、2万人足らずの地域でも、
1年のうち1シーズンから2シーズン登ってくるサケ類を釣りで楽しむ産業が盛んで、
というか、何も資源や産業が他にないから、それがその自治体を支える主要な産業になっていて、
サケが登るシーズンに世界中から訪れる釣り人が地域に落としていくお金で歳入がまかなわれているわけです。

サケってとても魅力ある魚ですよね。海外に行くと、「サケが釣りたくてこんなに世界中から来るんだ。日本人もこんなにサケが釣りたい人一杯居るんだ。」と感動します。
そういうわけで、サケっていろんな可能性を秘めているわけで、
ただ網で取ってしまって、卵をとって放流するだけではあまりにももったいないわけです。
しかも、今、そのサケの回帰数も減っていると言うじゃありませんか。
この数少ない資源を
人口が劇的に毎年減っていく地方の新しい産業として利用しないのはとてももったいない。
もともとあるものを利用するわけですから、
箱物行政や土木建築、企業誘致のように莫大な出費を必要としません。
どうか考えてはいただけないでしょうか。  


Posted by 店長 at 10:00Comments(1)サケの有効利用

2010年12月27日

サケが釣りたい!

今年は魚市場サケが不漁だそうですよ。
大船渡に限らず、岩手県内はどこも不漁だそうです。
毎年、同じ量放流して、サケの母川回帰能力は既に証明されているのに、どうして量が減るのでしょうか?
これも地球温暖化のせいにするのでしょうか?
不漁の原因は他にあると思いますよ。
知っていますか?
最近の気仙川は河口からそんなに離れていないビックリするぐらいの近いところで
川に遡上してきたサケを根こそぎ捕獲し、
(9~10月に気仙川でシーバスフィッシングする人はご存知だと思います。
「え!?なんでこんな場所に網?」)
卵と精子を採取しています。
網をかいくぐって自然産卵できる数はほんの僅かです。
ある人に聞いたのですが、
サケはただ単に産卵するだけでなく、川の養分を上流から下流までまんべんなく行き渡らせる役目があるそうです。
それによって、川が豊になるんだそうです。
ヤマメもイワナも、ウグイも、カニも、うなぎも、漁師も、釣り人も、漁協も、川の傍で暮らしている全ての人がサケのサケの恩恵を受けているわけです。
そのためにはサケはどうしても上流に上って産卵する必要があるのです。
河口で根こそぎ獲ってはいけないのです。  


Posted by 店長 at 11:51Comments(0)サケの有効利用

2009年12月14日

サケの有効利用

サケの有効利用

本当に岩手ってダメですよね。なにやるんでも一番最後。
まあ、昔から「保守王国」って一番古いことを守り続けている県民性ですから、

福島県の方がはるかに進んでる。今までは勝手に福島県をライバルだと思い込んでいたのですが、
とうてい及びません。
タレントや芸能人にしたって岩手出身の芸能人ってどうして田舎者を思いっきりアピールしてるんでしょう。

今度のサケ有効利用にしても岩手県は間違いなく最後でしょう。
今は秋田が残されていますが、岩手が秋田に勝るとはとうてい思えません。

一体、気仙川でサケが釣れるのは何十年後になる事やら。

ダムにしたって、政権交代で他県は脱ダム化が更に進んでいるというのに、
岩手だけは時代に逆行するかのようにダムが建設されています。  


Posted by 店長 at 16:45Comments(0)サケの有効利用