2009年10月06日

三陸大船渡沖でスルメイカ釣り おっぱいスッテS

三陸大船渡沖でスルメイカ釣り おっぱいスッテS

堤防が続きましたね。ここからは船に戻しましょう。相変わらずヒラメは絶好調!60cm台が上がっています。アナゴも最盛期に入りましたから、それもお届けしましょう。そしてなんと言っても今が旬、スルメイカも好調が持続しています。前回(8・22)は夜ヒラメ狙いが、なんと!スルメイカの大爆釣で30mの浅場でノリノリでしたが、今回はどんな様子でしょうか?そのあたりの変化もまじえて今回はお届けします。



出船は午後5時に変更になっています。なるべく15分前には乗船してください。釣れるポイントが沖目になっているので、ポイント到着まで1時間と少し走ります。

いさり火が沢山見えてきました。スルメイカ漁最盛期の今はプロの漁師さんの船もいつもより多い感じがします。藤治ヶ根の150mラインはスルメイカ銀座状態。岩手宮城のプロの船は全てここに集まっていると言っても過言ではありません。空いている場所を探すのに苦労するほど。今日のお客様は花巻からの4名。イカ釣りは全くの初心者と言う事で、店長ともう一人のスタッフがサポートにつきます。



 今日は気がかりな事がふたつ。一つは満月の夜はイカが極端に食い渋る事。もう一つは、今日のお客様が皆、電動リールを持っていないこと。それでも始めてのお客様にぜひともスルメイカ釣りの楽しさを味わってもらいたい。
そんな不安をよそに、開始からいきなりの5杯乗せなど。やはり、最盛期は乗りが違います。開始早々20mラインから仕掛けが落ちていきません。絶好調のノリノリモード。

しかし、沖の根周りは潮の流れが速い。ましてや今日は大潮。最初の入れ乗り状態が終わり、イカが底に沈んでしまうと、ラインがドンドン流され手巻きではかなりキツそう。というわけで、入れ乗り状態のこのポイントをシブシブ諦め、少し岸よりの浅場に移動します。浅場と言っても水深は120m。手巻きではかなりきついのですが、こちらは潮の流れが緩やかなので、先程よりは大分楽なはず。



 しかし、潮の流れが緩いと乗りも大分落ちます。こちらでは乗りが激シブで1杯ずつ乗せるのがやっと、せいぜい2杯。魚探反応は結構いい反応が出ていて、スルメイカは確実に居るのですが、なぜでしょう?ところが、店長だけはこちらへ来ても4杯、5杯と乗せています。その差は?

今年発売されたばかりの「おっぱいスッテS」触った感触がおっぱいみたいに「ぷにょぷにょ」でスルメイカが抱いた時に違和感を与えず乗りが良い。乗りが悪い時って、ちょっと触っては離したり、警戒しているなーって感じるじゃないですか。「このおっぱいスッテS」だと、触ったあとに、「ああ、これは本物だな」って安心して乗ってくる感じ。だから、
こんな感じ。特大サイズのスルメイカ5点掛けです。ポイントはこのおっぱいスッテを全部にしないで、5本仕掛けなら間に2本挟む感じ。「いやー!いいスッテ見つけちゃいました。」初心者の方たちも初めてにしては楽しむ程度には釣れた様子で何よりです。しかし、明日は間違いなく筋肉痛でしょう。





同じカテゴリー(釣り情報)の記事画像
2011年3月1日気仙川渓流釣り解禁情報!
2011年3月1日気仙川渓流釣り解禁情報!
いよいよ荒食いに入ったマダラ
けせん週末釣り情報
長部漁港のチカは絶好調!
週末つり情報
同じカテゴリー(釣り情報)の記事
 2011年3月1日気仙川渓流釣り解禁情報! (2011-03-02 12:30)
 2011年3月1日気仙川渓流釣り解禁情報! (2011-03-02 12:21)
 いよいよ荒食いに入ったマダラ (2011-02-24 12:18)
 けせん週末釣り情報 (2011-01-21 09:34)
 長部漁港のチカは絶好調! (2011-01-05 12:17)
 週末つり情報 (2010-12-24 09:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
三陸大船渡沖でスルメイカ釣り おっぱいスッテS
    コメント(0)